名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » 強迫、しかし確認して、うれしい、は違う
2023.06.09

強迫、しかし確認して、うれしい、は違う

強迫、しかし確認して、うれしい、は違う


強迫障害は、起きている間中、そのことに悩む可能性があるので、結構大変な病気です。

強迫観念、と、強迫行為、の両方をともなっています

しかし大事なのは、本人が、とにかくそのことに理不尽さを感じており、困っているということです。

例えば、鍵がしまっているか何度も確認して、それが不必要なことなのに、なんで確認しなくてはいけないんだ、と思っているのと、確認して、「よし、確認してすっきり」というのは違うということです。

強迫、と、こだわり、は確認するという行為自体は一緒なので、結構まぎらわしいです。

しかも、こどわりであっても、聞くと、強迫観念のようなことは口にしますから、余計分かりにくいときがあります。

困り具合はもちろん人それぞれなので、程度の比較はできませんが、こだわりでやっている人は、なんか確認行為にしっくりきている感じがあるのです。
よしっ、やってやったぞ、みたいな感じです。
それを本人が口にしないことが多いのですが、それを話しているときの、態度とか、雰囲気に、そういうものがみじみでているのです。

こだわりは、広汎性発達障害(PDD)の症状の一部として、認められることがあります。

人から、それって強迫じゃない、と言われて、こだわりを強迫と認識して病院にこられる方も結構いました。

それはこだわりですよ、といっても、うまく伝わらないので、このあたりは時間をかけて伝える工夫が必要です。

もちろん、強迫性障害+広汎性発達障害、ということもあり得るのですが、そうでないことの方が多い印象です。

こだわり要素が強い時に、薬を使っても、もちろん効果ない、ことが多いはずです。

こだわりの回数が増えている場合は、むしろ、それ以外の場面でのストレスが反映している可能性があり、その原因にPDDがからんでいることも多いです。


ということで、強迫も、ひとくくりにはできない、ことを覚えておきましょう。

医療法人永朋会 理事長
加藤晃司