名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » うつって何なのか
2023.06.29

うつって何なのか

うつって何なのか

うつ、と一言でいってもなかなか難しいものです

抑うつ的な状態というのは、どの疾患でもあり得る状態です。
もちろんなんらかの診断がつかなくても、うつっぽい感じの状態に一時的、もしくは長期的になることはあります


なんの原因も思い当たらないこと、も結構あります。なんか別に何もないんだけど、言われてみれば調子悪いような気がする、といった感じです。

あまりに自然に、そして少しずつ、調子が下がっていっていると、人は結構気が付きません。こんなもんかな、と思ってしまいます。

体力あったり、気持ちが強かったり、負けず嫌いだったり、まわりに気を遣ったり、そういう通常であれば人としては強さをもっている人の方が、気が付きにくいかもしれません

自我というのは、風船のようなものだとイメージしたら分かりやすい、という話を以前のブログで書きました。
自我境界という風船の外側の内側に、自我といわれる自分そのもの、自分が自分であるために必要なもの、が入っている、という感じです。

①風船に小さなあながあけば、少しずつ少しずつ空気がもれていくように、自我が小さくなっていってしまう。
②また穴があかなくても、自我というエネルギーが減ったり、増えたりするものであるとするなら、生産より消費が増えてしまえば、しぼんでいってしまいます。

膜がやぶれるパターンの方が、重症だと考えてください。
前にも書きましたが、自我境界が破損すると、自我エネルギーがもれてしまうだけでなく、自他と分ける境界の役目もありますから、自我漏洩症状まででてくる可能性あります。
例えば、他人の考えが自分の頭にはいってくる、もしくは自分の考えが他人に伝わっている気がする、というような症状です。

うつでも、①パターンとなると、病態水準は、精神病レベルとなり、かなり具合悪いので、ここまでくると自力でなんとかするのはかなり難しいはずです。

空いた自我境界の穴を応急処置的にふさぐには、やはり内服治療も必要となってくる、レベルです。本来の自身での治癒力がおいつくまで、外側から絆創膏はる必要あります。

自我エネルギーは通常、自己回復機能ある、ゲームでいうと自動HP回復スキル、がそなわっているものです。
自我エネルギーが減ってきていることを自覚できれば、自分と他人でそれをモニタリングしていけば、勝手によくなっていくことも多いです。

色々な治療は、その自己回復スピードを速めるため、そして他者にモニタリングしてもらうため、に使うことになるでしょう。


こんな感じで、うつ症状といっても、ほんとに様々です。
診断がつくものでなくても、一人で戦っていると効率が悪いこともあります。

医療法人永朋会 理事長
加藤晃司