名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » 成人外来の中で、その背景に発達障害が隠れている可能性について
2023.12.04

成人外来の中で、その背景に発達障害が隠れている可能性について

成人外来の中で、その背景に発達障害が隠れている可能性について

 

 

日本では、アスペルガー障害、ADHDなどの発達障害がひろがったのは、私の感覚では、ADHDに対する治療薬が国内で発売になってから、飛躍的に一般化したと感じています。

 

それは保険適応の薬が発売になれば、いろんな関係各所がそのための広報活動がはじまります。中枢神経薬である以上、大々的なマス広告はうてなくとも、SNS、ネット、を通じて、情報はあっという間に共有されたと思います。

 

ですが、しばらく時間がたってきて、発達障害のブームは少し落ち着いたように思います。

発達障害診断目的、という明確な理由で外来を受診する方は同じくらいいますが、それ以外の一般的な主訴、例えば、気分が落ち込む、寝れない、食欲がない、疲れやすい、ぼーとする、集中が続かない、仕事でミスが多くなる、体がだるい、いらいらする、感情がコントロールできない、動悸がする、などなど、の裏側に発達障害があるかもしれない、という思考は、患者さん側にも、治療者側にも、少しトーンは落ちたような気がします。

 

例えば、ADHDを例にとれば、生まれたときからずっと自分にはりついている感覚は、それを症状として認識しないかぎり、自分と離して客観的にとらえることはなかなかできません。

そして、以外にその症状が、学校生活や、仕事でうまくいかないことのきっかけになっている場合、やはり最初のつまずきを解消しないと、形をかえて、違うシチュエーションでトラブルやうまくいかないこと、が発生してしまいます。

 

あたらめて、この2023年になって、一般外来を受診する患者さんの中で、どの程度の割合で、発達障害の症状が存在するのかは、調べないとわからないな、と思ってきました。

 

そのあたり少しデータがとれるといいかなと思っているので、やり方はまだ悩みますが、何かやるかもしれません。

 

 

 

 

当院ホームページはこちらより

https://wako-psy-clinic.com

 

 



 医療法人永朋会  和光医院
児童精神科・精神科・心療内科


〒464-0092

愛知県名古屋市千種区茶屋が坂1丁目12番2号

電話 : 052-712-1777

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅 1番出口より徒歩3分
地下鉄名城線「砂田橋」駅 1番出口より徒歩10分