名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » 家系図(ジェノグラム)を作る、治療でも、プライベートでも重要な理由
2023.12.12

家系図(ジェノグラム)を作る、治療でも、プライベートでも重要な理由

家系図(ジェノグラム)を作る、治療でも、プライベートでも重要な理由

 

家系図ってあるじゃないですか、あの男、□、女、〇になっていて、棒でつなげていく図です。

英語でジェノグラムといいます。

 

 

私が東海大学の精神科教室に2年の研修医期間が終わってはいった時に、新人教育の一環で、一人ずつに精神分析家の先生からスーパービジョンを受けるというシステムがありました。

今思えばすごいお得なシステムで、通常、認定された精神分析家からの指導を受けると、1回いくら、みたいな感じで費用が発生します。

それをただで受けていたわけですから、当時はよく分かっていませんでしたが、今思うとすばらしい教育制度でした。

 

私は、渡辺俊之先生、という精神分析家の先生が担当してくれました。すごい有名な先生なんですが、やはり面白いおじさん、くらいにとらえていたと思いますw

その先生から週1回スーパービジョンンを受けるのですが、結構序盤に、ジェノグラムを完成させないと、精神科医として未完成だと言われ、自分のジェノグラムを作りました。

家族、普段連絡しない親戚とかに、聞いて、苦労して作ったのを覚えています。

 

それを作る過程で、確かに、その中でしか感じることがなかった感覚、はありました。自分につながる、はるか過去からの連続性についてとか、自分の親とか祖父母、そのさらに上の世代の歴史、どんな人だったのか、どういう生き方、そして死に方だったのか、はこの作業をしなければ分からないことばかりでした。

親がどういう人生を歩んできたのか、親にももちろん親がいて関係性があって、というのは、普段生活していると意識しません。なんか親は、昔から親的なものだと思ってしまいますが、親にも子ども時代があり、悩みながら親になっている、わけです。大変な時に子どもができていたかもしれません。

 

結果としては、精神科医として患者さんの生育歴、家族歴を聞く時に、自分の生育歴、家族歴が整理、向き合えていないと、うまくいかないだろうな、と思いました。

言葉にすると表現しにくいですが、やったことない人にいられても納得できない、という感じでしょうか。質問がうすっぺらくなりますね、たぶん。

だから自分自身が精神分析を受けるというスーパービジョンも、やらないと分からないから、だと思います。どんなに本で読んでも、1回の経験に勝てない、そういう世界です。

 

 

というわけで、精神科医は必ずやってほしいですが、ジェノグラムを書くだけならいつでも、だれでもできます。

 

別に自分が調子悪くなくても、ジェノグラムを書く作業は、意味があると思います。やっていただければ、きっと分かってもらえると思います。

家族は、家族として以外の顔がみんなある。当たり前ですが、家族の中でしか接触していないと気が付かないものです。

そういうことに気が付くだけでも、対人関係、人を見るめ、他者配慮する力、など、変化しますし、それはビジネスにもきっと役に立ちます。

 

お金もかかりませんし、こうやって言われなかったら絶対やらないと思うので、ぜひちょっとでも心が動いた人はやってみてください。

 

 

医療法人永朋会 理事長

加藤 晃司

 

 

当院ホームページはこちらより https://wako-psy-clinic.com

 

医療法人永朋会  和光医院

児童精神科・精神科・心療内科

 

〒464-0092 愛知県名古屋市千種区茶屋が坂1丁目12番2号

電話 : 052-712-1777

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅 1番出口より徒歩3分 地下鉄名城線「砂田橋」駅 1番出口より徒歩10分