経頭蓋磁気刺激(TMS)のご案内

和光医院ではうつ病の治療として経頭蓋磁気刺激(TMS)を導入しています。

経頭蓋磁気刺激(Transcranial Magnetic Stimulation: TMS)とは

うつ病の治療には、薬物療法、精神療法などがありますが、欧米では経頭蓋磁気刺激(TMS)が認可されています。
TMSは非侵襲的に大脳皮質を刺激する方法であり、規則的な刺激を連続して行うものをrTMS(repetitive Transcranial Magnetic Stimulation: 反復頭蓋磁気刺激)といいます。

磁気を用いて脳の特定部分を活性化する方法により、薬に認められるような副作用がなく、安全性と有効性のバランスのとれた化学的根拠のある治療です。

このような方におすすめします
うつがなかなか治らない。
薬には抵抗感がある。
薬や他の治療が効かない、あるいは不十分。
薬で副作用が出やすい。
うつのメカニズムに即した治療を望む。
対象症状
抑うつ気分
意欲低下
興味の喪失
不安
不眠
頭痛、腹痛、腰痛など身体的な原因の分からない体の痛み
倦怠感
集中力低下
日中の眠気、だるさ など

参考サイト:うつ予防ナビ(http://utu-yobo.com/tms.html)

 

うつ病の背景

うつ病では脳の活動が低下されていることが指摘されており、特に左前頭葉の活動低下が認められております。

1)器質的な原因の一つとして考えられていること

・背外側前頭前夜、前部帯状回、前頭葉眼窩野、脳梁膝下部、偏桃体などの領域の異常が指摘されている
・左側優位の背外側前頭前野の機能低下(相対的な右側の機能亢進)

2)rTMSの治療として行われていること

→左背外側前頭前野への高頻度刺激
うつ病症状の改善と相関のあった脳血流が増加

→右背外側前頭前野への低頻度刺激
うつ病症状の改善と相関のあった脳血流の減少

治療の有効性

左背外側前頭前野への高頻度刺激、右背外側前頭前野への低頻度刺激のどちらの方法も複数の二重盲検ランダム化比較試験によって有効性が認めれており、うつ病治療の選択肢の一つとして考えられる。rTMSは抗うつ薬の治療と比較して安全性や忍容性に優れています。

rTMSの治療に用いる場合のガイドライン

・磁気刺激法を用いた研究*
うつ病以外の適応症に対するrTMSを用いた膨大な量の研究が現在行われています。研究領域は、不安神経症、過食症、片頭痛、疼痛、脳卒中後の失語症および運動障害のリハビリテーション、耳鳴、パーキンソン病、総合失調症などです。

*Lefaucheur JP, et al: Evidence-based guideline on the therapeutic use of repetitive transcranial magnetic stimutation(rTMS), Clinical Neurophysiology,2014

当院でのTMSによる治療について

使用する機械「磁気刺激装置 MagPro」

磁気刺激装置 MagPro

詳細:Inter Reha 「磁気刺激装置 マグプロ」(http://www.irc-web.co.jp/mag_venture/)

標準的な治療方法

左背外側前頭前野への高頻度刺激
1セッション:約40分

右背外側前頭前野への低頻度刺激
1セッション:約20〜40分

1回40分ほどの治療を週3~5回、4~6週程度継続することが基本です。
回数、期間などは個人差があり、医師との相談によって決められます。
改善の時間経過は比較的早く、2週間前後でも効果がみられる例が少なくありません。

1回:10,000円(税抜)

rTMSを受けられない方
ペースメーカーや人工内耳(補聴器)、頭蓋内クリップ、インプラント等の金属製医療機器が体内に埋め込まれている方
てんかん、またはてんかん性発作の既往がある方
重篤な身体疾患に罹患している方
妊娠中またはその可能性のある方
TMS治療ご希望の方へ

初診の方は、当院に電話にてお問い合わせください。
すでに通院中の方は、主治医ないしは受付スタッフにご相談ください。

ページトップへ