名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » スマートウォッチでの生体データモニタリングはきっとメンタルの治療でもきっと使える
2023.07.20

スマートウォッチでの生体データモニタリングはきっとメンタルの治療でもきっと使える

スマートウォッチでの生体データモニタリングはきっとメンタルの治療でもきっと使える

最近、GAMINという会社が出しているスマートウォッチを買いました。
最近のスマートウォッチ、ほんとにすごくて、脈拍、睡眠データ、睡眠スコア、呼吸数、体重、ステップ数、消費カロリー、ストレスレベル、など、多くの生体データを取得でき、そしてそれを分析することができます。

睡眠の質、レム、ノンレム、もある程度可能となっています。睡眠の浅い、深い、もわかるわけです。

例えば、動悸がする、息苦しい、とかも脈拍が実際に上がっているか、呼吸数があがっているか、などで客観的に評価できるんです。

となると、メンタルでの治療効果判定にも使えるな、とぼやっと思いました。

不安発作とかは、前兆として生体データの揺らぎがあるなら、そのタイミングで頓服使う、とか、アラームがでる、とか本人が自覚する前に症状を叩くことができるかもしれません。

睡眠は、まさにストレートですよね。改善したかしていないか、自覚症状ではなく、客観的データで判断できるのはうれしいところです。

もう海外では精神科医療でも実用化してそうな気がしますが、日本ではまだそんな感じはないですね。

自分をモニタリングするのは、客観的に自分をみる練習にもなると思います。
心とは、目に見えないものです。

ですが、数値化できるものは数値化し、見える化するというのは、見えないものをみるための努力の一つになるような気がします。

医療法人永朋会 理事長
加藤晃司