名古屋市千種区 児童精神科のカウンセリング・精神科・心療内科

診療のご相談・ご予約はお気軽に

052-712-1777

【受付時間】9:00〜18:00 【休診日】火・日・祝日

LINE初診予約
web問診
再診予約
TOP » ブログ一覧 » 広汎性発達障害と統合失調症の合併症について
2023.08.16

広汎性発達障害と統合失調症の合併症について

広汎性発達障害と統合失調症の合併症について

前回、BPD+PDDの話を書きました。

PDDが合併すると、どの疾患も通常の経過とは異なり、見つけるのも難しいですが、治療も異なることが多いです。

統合失調症(S)についても、PDD合併していると、単純にS単独病態とは異なっていると感じています。

これはエビデンスがあるというわけではなく、完全に私の個人的な経験からの発言です。

しかし児童精神科を名乗っていると、PDDの症例はかなり多く見ることになります。
そうなると必然的にSは有病率1%の頻度が低くない疾患なので、この合併を私自身は少なからず経験することになりました。

まず圧倒的に言えるのが、進行が遅い。

統合失調症は中核症状が自我漏洩症状、つまり自我境界が障害を受け、他人の思考、感情、や、自分の思考、感情が自分の外に漏れたり、内側にはいってきたりします。幻聴、幻視のような、幻覚症状もありますが、自我漏洩症状がメイン症状です。

PDDを合併していると、この自我漏洩症状がでにくいですし、出ても進行が遅い。

私はPDDの自我境界の固さ、みたいなものが影響していると考えています。
もともと自我境界が強固だから、浸食されにくい、みたいなイメージです。

そして次に、元気なまま、なことが多いです。

これ分かりにくいと思うのですが、S単独の方は、気持ち的にも沈んでいたり、なんとなく元気がなさそうな感じがあります。陰性症状といってもいいのかもしれません。
これがPDD合併していると、あまりないです。

そして最後に、とにかく進行はS単独よりも遅い。
くずれていく感じがない、んです。

幻覚、妄想が強くなり入院治療となることもありますが、あまり長引かない印象です。

絶対というわけではないですが、一定の傾向が自分がみたなかではあったなと思います。

このあたりは、もう少し深堀していってもいいテーマのように感じています。


医療法人永朋会 理事長
加藤晃司


 

 

当院ホームページはこちらより

https://wako-psy-clinic.com

 

 



 医療法人永朋会  和光医院
児童精神科・精神科・心療内科


〒464-0092

愛知県名古屋市千種区茶屋が坂1丁目12番2号

電話 : 052-712-1777

地下鉄名城線「茶屋ヶ坂」駅 1番出口より徒歩3分
地下鉄名城線「砂田橋」駅 1番出口より徒歩10分